【子育てママ必見】実態からみた、子供を非行に走らせない10のポイント!

私も子育て中の身ですが、まだ子供は小学校中学年と未就学児なので、“非行”なんて、まだまだ無縁と思っていました。
そもそも、ほとんどの親御さんが、まさか自分の子供に限って“非行に走る”なんてことはないだろう…と楽観視しているかもしれません。
今回は、小田原少年院の実態からみた、≪子供が非行に走る育て方≫についてご紹介します。
子育てしているすべての方に、見てもらいたい内容です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

非行はそれまでの子育ての通知表

我が家はまだなので知ったようなことは言えませんが、小学校高学年から高校卒業くらいまで、個人差はあるものの“反抗期”や“思春期”と呼ばれる、ちょっと難しい時期がやってきます。
幼い頃は、ただただ可愛いものですが、だんだんと体も大きくなり、頭も回るようになって、気づいたら家庭でのコミュニケーションは皆無、“非行”に走っていた…ということもあるかもしれません。
でも、非行に走っている“今”の子供は、それまでの10数年間の両親の“子育て”があって成り立っています。
出来ればそうなる前に軌道修正したいものですが、もし非行に走ってしまったら、親子そろって、しっかり現実と向き合わなければなりませんね。




子供を非行化させるコツ

ここで、
“子供を非行化させるコツ教えます-実態からみたベスト10-(小田原少年院)”
という冊子の内容をご紹介します。
“非行化させるコツ”なので、“非行化させない”ためには、この逆のことをすればいいですよ!!ということなのだそうです。

  1. 幼い時から冷たく放りっぱなしにせよ。
  2. ⇒遊び相手になるとかスキンシップは全く無用

  3. 欲しいと言ったら何でもすぐ買い与えよ。
  4. ⇒我慢させることは絶対に禁物

  5. 子供の間違いや失敗は理由を問わず叱り飛ばせ。
  6. ⇒口で言うよりひっぱたく方がいっそうよい

  7. 子供がどこで何をして遊ぼうが気に留めない。
  8. ⇒遊び仲間についても全く知る必要はない

  9. 兄弟やよその子と比較して、お前はバカだ、誰々を見習え!を連発せよ。
  10. 忙しいのに食卓の団欒など無用。
  11. ⇒子供の話題や関心など無視すればよい

  12. 子供がよいことや努力をしてもめったに褒めるな。
  13. ⇒むしろ、ごまかしや裏切りなど悪事をうまくやったら必ず褒めよ

  14. 子供の前では決して夫婦間の意見を一致させるな。
  15. ⇒特に父親は難しい問題からうまく逃げよ

  16. お金こそ人生のすべてであると身をもって教えこめ
  17. ⇒宗教や精神生活を軽蔑せよ

  18. 子供の前で常に法律、警察、学校、役所の悪口を言い、社会の決まりや公共機関への敵意を植え付けよ。

中々強烈な内容ですが、、、、なるほど!!と思ってしまう内容ではないでしょうか?

非行化させないために逆を行く!

上記、非行化させるコツの裏返しを、まとめておきました。
こちらの方が、すんなり入ってきやすいかもしれません(^^♪

  1. 幼い時から温かく愛情込めて接する。スキンシップも積極的に!
  2. 欲しいと言ってもたやすく買い与えず、我慢させることも大切
  3. 子供の間違いをいきなり叱るのでなく、理由をよく聞く
  4. 子供がどこで何をして遊んでいるかに関心を持つ
  5. 兄弟やよその子と比較しない
  6. 忙しくても食卓の団欒を大切に
  7. 子供がよいことや努力をしたらすかさず褒める
  8. 子供の前で夫婦間の意見を一致させる
  9. お金がすべてではない、他にも大切なものがあることを教える
  10. 子供の前で法律、警察、学校、役所の悪口など、非社会的な言動をしない


いかがでしょうか。
一見当たり前なことばかりですが、子供が小さいうちから一つ一つ心がけて丁寧に子育てしていけば、少年院にお世話になることもない…かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク