親も子供もストレスフリーに!夏休みの宿題を計画的に終わらせる方法

もうすぐ夏休みです。
夏休みというと、子供にとっては楽しみな期間ですが、親にとっては微妙…。
三食ご飯を作らなきゃならないし、どう過ごすか、どこへ行くか、、、色々考えなければなりません。
そして、厄介なのが、“夏休みの宿題”です!!
うちには小学校3年生の男の子がいるんですが、結構のんびりした性格…。
放っておくととんでもないことになるので、ここは親としてサポートすべきはサポートし、気持ちよく終わらせたいところです。
そんなわけで、今回は夏休みの宿題をスッキリ終わらせる方法をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

計画を立てよう!

何事も、計画ありき。
小学生では、自分で計画を立てて、計画に沿って行動する、行動を振り返る…といったことは、自力ではなかなかできません。



つい、本人任せにしてしまいがちですが、小学校低学年の間は、1学期最終日に持って帰ってくる夏休みのしおりに一緒に目を通して、生活や学習の計画を立てましょう。
計画を立てて、その通りに実行できることの積み重ねは、とっても大切です。

1日のスケジュール

夏休みは、当たり前ですが学校と違って時間割りがありません。
一日のタイムスケジュールを、ざっくりとでも立てておくとよいでしょう。
紙に書いて、壁に貼っておくのがベストです。


例えばこんな感じ↑↑

最低でも、朝は何時に起きる、夜は何時に寝る、そしてできれば数回に分けて、「何時から何時は勉強の時間」というように決めておきます。
無理なく、本人が実行できそうなスケジュールにしましょう。
初日から達成できないようなスケジュールだと、「計画を平気で踏み倒す」「どうせできない」というかえってマイナスな習慣が身についてしまうので注意が必要です。
一日のスケジュールと合わせて、「ゲームは一日1時間まで」とか「家庭での手伝いとして風呂掃除をする」とか、家でのルールも確認しておくといいと思います。

時間数を可視化する

子供の頭では、夏休みは漠然と宿題があって、漠然とたくさん遊ぶ時間があるような感じでしょう。
でも、例えば上記スケジュールにすると、一日の自由時間は午前3時間、午後3時間の6時間。
もっと遊びたければ朝早起きすればよさそう。
で、夏休みは40日ほどなので、好きに遊べる時間は単純に掛け算すると240時間くらい。
勉強は1日2時間確保しておいて、その中で宿題や読書など、具体的な学習計画を立てていきます。
旅行など行事もあると思うので、その分を除けば、勉強に充てられる時間も結構少なくなるはずです。

なので、まず、カレンダーに

・旅行の予定
・習い事の予定

など、すでにある予定を埋めていきます。

日時が決まっていないところは(仮)でもいいので、記載しておきます。
そうすると、スケジュール通り勉強できる日は20~25日くらいしかないかもしれません。
仮に25日とすると、2時間×25日=50時間。
この時間数で、いくつかある宿題と、やっておきたい学習を割り振っていきます。
「あ、結構時間ないかも…」
と、カレンダーを見て、子供も何となく時間の感覚がつかめるはず。
この自覚が、1日1日を大切に、夏休みの宿題を予定通りに実行していく第一歩です。

その子に合った順番・配分を!

子供はそれぞれ得意科目、不得意科目があります。
好き・嫌いもあるでしょう。
順番的には、苦手・嫌いを先に、得意・好きを後にもってきた方がいいんじゃないかと思っています。
また、一人でやっても全然進まない(うちの場合漢字ドリルとか)ものは、保護者がそばで見てあげられる時にやるべきでしょう。
そして、かける時間数も、その子の学習状況によると思います。
学校で習ったけど十分理解できていない内容は、夏休みにリカバーしておきたいですね。
学年にもよると思いますが、
「宿題さっさとやりなさいよ!」
だけではなく、つまずいている分野があるのなら、この機会にしっかり親がみて克服しておきたいです。
特に小学校低学年の内は、「苦手意識」を持たせないこと、わかることの面白さを知ってもらうことが大切だと思っています。
「どうしてできないの!」
とか叱咤するのでなく、
「これは、例えば…」
と、理解を促す言葉をかけてあげることも大切です。



課題1~ドリル~

ドリルの類は、結構分量があったりします。
冷静に、ページ数をドリルに充てる日数で割って、1日何ページやればよいのか、初めに確認しておきましょう。
あるいは、はじめの数日で一気にやってしまうというのも、手ではあります。

課題2~読書感想文~

まず、読む本を選ばなければなりません。
そして、読書感想文を書く前提では、この「本選び」が結構重要。
とはいえ、高いレベルを求めるのでなければ、書店か図書館に行って、読みたい本を選んでくればいいと思います。
感想文でありがちなのが、単なる「あらすじの羅列」がほとんどを占めてしまうというもの。
とにかく文字を埋めたい気持ちはわかるけど、それではちょっと残念です。
読みながらメモをとったり付箋を貼ったりと、特に印象的な部分をチェックしながら読み進め、構成を考えてから書き始めるだけでも、全然違ってきます。
3~4個くらいの段落に分けて、それぞれの構成を別の紙に書きだしてから始めると、意外とすらすら筆が進みます。

【段落の構成例】

  1. 導入
  2. その本との出会い、きっかけ、選んだ理由など。

  3. あらすじ
  4. 短く、ざっくりとしたあらすじ。

  5. 感想文
  6. 肝の部分。読みながらチェックした箇所の中から伝えたいことを厳選して自分の言葉で。

  7. まとめ
  8. 本から学んだこと、今後に活かしたいことなど。

また、本選びに関しては、『青少年読書感想文全国コンクール』に課題図書の掲載があるので、参考までに一覧を載せておきます。

<小学校低学年の部>
■ばあばは、だいじょうぶ
(楠 章子 作、いしい つとむ 絵、童心社、定価:1,404円(税込))

■なにがあってもずっといっしょ
(くさの たき 作、つじむら あゆこ 絵、金の星社、定価:1,296円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なにがあってもずっといっしょ [ くさのたき ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■アランの歯はでっかいぞこわーいぞ
(ジャーヴィス 作、青山 南 訳、BL出版、定価:1,620円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アランの歯はでっかいぞこわーいぞ [ ピーター・ジャーヴィス ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■すばこ
(キム・ファン 文、イ・スンウォン 絵、ほるぷ出版、定価:1,620円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すばこ [ キム・ファン ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)


<小学校中学年の部>
■くろねこのどん
(岡野 かおる子 作、上路 ナオ子 絵、理論社、定価:1,512円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くろねこのどん [ 岡野薫子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■空にむかってともだち宣言
(茂木 ちあき 作、ゆーちみえこ 絵、国土社、定価:1,404円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空にむかってともだち宣言 [ 茂木ちあき ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ
(ナンシー・チャーニン 文、ジェズ・ツヤ 絵、斉藤 洋 訳、光村教育図書、定価:1,512円(税込))

■干したから…
(森枝 卓士 写真・文、フレーベル館、定価:1,512円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん) [ 森枝卓士 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)


<小学校高学年の部>
■チキン!
(いとう みく 作、こがしわ かおり 絵、文研出版、定価:1,404円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チキン! (文研じゅべにーる) [ いとうみく ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■ぼくたちのリアル
(戸森 しるこ 著、佐藤 真紀子 絵、講談社、定価:1,404円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくたちのリアル [ 戸森しるこ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■霧のなかの白い犬
(アン・ブース 著、杉田 七重 訳、橋 賢亀 絵、あかね書房、定価:1,512円(税込))

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

霧のなかの白い犬 [ アン・ブース ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

■転んでも、大丈夫 : ぼくが義足を作る理由
(臼井 二美男 著、ポプラ社、定価:1,296円(税込))

<中学校の部>
■円周率の謎を追う : 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦
(鳴海 風 作、伊野 孝行 画、くもん出版、定価:1,620円(税込))

■ホイッパーウィル川の伝説
(キャシー・アッペルト&アリスン・マギー 著、吉井 知代子 訳、あすなろ書房、定価:1,512円(税込))

■月はぼくらの宇宙港
(佐伯 和人 作、新日本出版社、定価:1,620円(税込))

<高等学校の部>
■フラダン
(古内 一絵 作、小峰書店、定価:1,620円(税込))

■ストロベリーライフ
(荻原 浩 著、毎日新聞出版、定価:1,728円(税込))

■犬が来る病院 : 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと
(大塚 敦子 著、KADOKAWA、定価:1,620円(税込))

(参考:全国学校図書館協議会

課題3~自由研究~

夏休みに入る前か、なるべく早いうちに、何をするか、どう進めていくかを決めておきましょう。
何もしないまま8月末が近づいてくると、、、焦るし、今更できることが限られてくるので辛い思いをすることになります。
植物や昆虫の観察日記は、一朝一夕ではできませんが、毎日コツコツ進めていけば研究らしいものが出来上がります。
何かの実験をして、レポートにまとめるのもありますね。
自由研究用キットも様々市販されていますが、まずは子供自身がどんなことをやってみたいか、考えさせてみましょう。
子供の自由な発想をできるだけ尊重しながら、できること・できないこと、用意できるもの・工夫が必要なところ、、、保護者がサポートしてあげられるといいですね。
一応、人気のキットをいくつか載せておきます。

↓↓望遠鏡です。牛乳パックかポテチの筒があれば作れます。


↓↓ステンドランプ。提出しておしまいではなく、その後も使い続けられそうです。


↓↓手作り石鹸のキット。女の子に人気がありそう。


↓↓でんじろう先生プロデュースのソーラーモーターカー。

課題4~絵画等~

いくつかの絵画展に出品できる絵画や、書道などもあります。
うちの子は去年、参加賞の中身でテーマを選んでいたような…。

代行業の存在…

昔はなかったと思うのですが、今は宿題の代行業者がいるようです。
私は全然興味ないですが、代行業者に頼むという選択肢も、あるんですね。
相場的には、ドリルが一冊4000~7000円くらい、読書感想文が2000~4000円くらい、、、。
宿題代行業者に関しては、賛否両論あるようですが、検討しているという方はぜひ調べてみてください。

■株式会社ジーニアスアシスト
https://www.genius-assist.com/

■宿題代行屋Q
http://shukudai9.com/


いかがでしょうか。
楽しい夏休みを思いっきり楽しむためにも、学校の宿題は計画的に片付けましょう。
計画の見直しや振りかえりも、一緒に見てあげられるとよさそうです。
できなかったことを叱るより、できたことをたくさん褒めてあげて、楽しみながら進められると理想的です。
長期休暇は、生活や学習の習慣を見直すいい機会です。
計画も実行も、できるだけ楽しく!やっていけるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク