子供の習い事を検討中…小学生の一番人気は「水泳」!!

子供の習い事って、色々あって悩んでしまいませんか?
本人がやりたい!という気持ちを尊重しながらも、よりためになるような、やって意味のある習い事を選びたい!と思うと、とても悩みます。。。
今回は、そんな、今どきの子供の習い事事情について調べてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

習い事っていつ頃から?

どんな習い事をするかというのもありますが、まず、習い事を始める時期についても気になるところ。

Q.お子さまの習い事、いつから?

3歳未満  13.2%
3〜4歳  26.1%
5〜6歳  30.0%
7歳以上  15.6%
習い事をさせていない  15.1%引用
出典:ウーマンエキサイト

ボリュームゾーンは5~6歳、ちょうど小学校に上がるタイミングで、習い事を始めるケースが多いようですね。
周りの子育て世帯を見ていると、幼稚園に上がる前からリトミックを始めている子もいたし、小学生に上がると、大体みんな、何かしら習い事をしている感じがあります。
自分が子供のころは、習い事は小学生に上がってからが多かった気がするし、別に習い事をしていない子も結構いたような気がするけど…。
最近の傾向としては、一世帯当たりの子供の数が減り、習い事に関しては年々時期が早まっているそうです。
初めて習い事をする年齢としては、3歳くらいが多いそうです。
うちの場合、5歳の男の子、8歳の男の子がいますが、2人とも幼稚園や保育園時代に園で実施している体操クラブに入ったのが初めてなので、4歳くらいでした。
今は、上の子は土日の野球のみ、下の子は体操クラブと野球をやっています。

小学生に人気の習い事は?

平日に少し時間があるので、野球以外にもう一つ、上の子(小3男)に習い事を検討しています。
痩せていて体幹が弱いので、「水泳がいいだろう」という結論ありき、本人も「水泳やりたい!」と言っているのでほぼ決まっているのですが、改めて人気の習い事をまとめてみました。

小学校低学年

1 水泳
2 ピアノ
3 英語・英会話
4 体操
5 学習塾・幼児教室

出典:ケイコとマナブ.net



1位から4位までのメリットをまとめてみます。

水泳のメリット

・水中では浮力が働くので、関節や骨に過度の負担をかけずに運動ができる
・左右対称の動きをするので、偏りなく、全身をバランスよく鍛えることができる
・心肺機能を高める
・いざという時に、泳げると安心

ピアノ

・音感やリズム感、表現力が身につく
・楽譜が読め、楽典を理解すると、他の楽器を始める際にもスムーズに習得できる
・情操教育によい、情緒が安定する
・脳の発達によい
・継続的に努力する習慣が身につく

英語・英会話

・将来的に役立つ
・学校で英語の授業が始まる前に備えられる
・より早い時期から触れえることで自然と身に着けることができる

体操

・体幹が鍛えられる
・体の動かし方、運動の基礎が身につく
・リズム感や表現力が身につく
・ストレス解消になる

他にも、人気の高い習い事としては、そろばん、サッカー、野球、ダンス、などなどたくさんあります。
習字や学習塾関係の習い事は、親御さんの「習わせたい」と思う習い事としては上位ですが、実際に通っているものや子供自身のやりたいこととは、また少し違っているようです。


習い事を始める際は、第一に「本人の希望、やる気」を尊重して、楽しく続けられるものから、お金やスケジュールと相談しながら取り組ませてみたいと思っています。
小学校中学年ともなると、平日の空いた時間、ついついゲームに行ってしまいますが、習い事や、他にもしっかり自分でスケジュールをたてて過ごせるように指導していきたいです。
脳も体も大きく発達していく小学生時代、どう過ごしていくかで人生かわるはず!
まずは水泳を始めて、様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク