メタボや生活習慣病が心配な中高年世代へ!理想のBMIは“22”ではないかも…?

近年、急に注目されている“メタボリックシンドローム”という言葉。
日本では特に、生活習慣病対策として、メタボが取りざたされています。
メタボの直接の診断基準ではありませんが、このメタボ予備軍かどうかの基準として、BMIが目安とされています。
今回は、意識している方も多いかもしれない、BMIについて、最近の情報をまとめご紹介しています。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

そもそもBMIとは?

BMI(Body Mass Index;肥満度指数)は、体重と身長から算出される、肥満度を表す指数です。
肥満度を示す指標として国際的にも使用され、肥満の度合いや生活習慣病のリスクなどを知るのに信頼できる基準と言われますし、意識している方も多いと思います。

冒頭でも触れたとおり、BMIは、メタボの直接の診断基準ではありません。
(メタボの診断基準は、ウエスト周囲径が男性で85㎝以上、女性で90㎝以上かつ、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2項目以上当てはまるかどうか。)

BMIの算出方法は簡単で、

BMI=体重[kg]÷(身長[m]の2乗)

で、算出できます。
(身長の単位は“cm”ではなく“m”です)

BMI数値の味方としては、日本肥満学会の定めるところによると、

低体重(痩せ) BMI<18.5
普通体重 18.5≦BMI≦25
肥満 25<BMI

となり、ざっくりと肥満度を知ることができます。
(肥満は、更に肥満1~肥満4の4段階に分類されます)

また、一般的にもよく知られているBMI=22という数値。
これはBMIが22になる時の体重をその人の“標準体重”とし、
『最も病気になりにくい状態』であると言われているため、この22という数値を頭に入れている方も多いと思います。
一方で、25<BMIとなると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症するリスクが2倍以上になると言われ、気を付けたい数値として、認知されています。

従来からあるBMI=22について

BIM=22を標準として、一つの目安として押さえておくことに問題はなさそうですが、東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野の教授、佐々木 敏さんがBMIとその後10年後の死亡率との関係について興味深いデータを示されているので下記に引用します。

肥満度(BMI)とその後の10年間における死亡率との関係

出典:NIKKEI STYLE

上記データによると、BMIは22よりも少し高い値が長生きには理想的。
糖尿病などのメタボ関連のリスクをすでに持っている人は22を参考に、そうではなく、長くいきたいという人はBMI23~24.9を参考にするのがよいようです。
また、BMIは23~24.9より上でも下でも死亡率は高く、特に男性では、肥満度と死亡率の関係が強い傾向もあります。

BMIの注意点!

ご存知の通り、BMIは一つの指標とはなるものの、身長と体重からのみ算出されるため、
“筋肉と脂肪のバランス”や“重量構成”などは無視されています。
プロスポーツ選手など、体格のいい人では、BMIの数値では肥満となることもしばしば。
BMIが同であっても、実際は様々な体型、様々な健康状態の人が含まれることを知っておく必要があるでしょう。

健康に長生きするにはBMIより生活習慣!

BMIと死亡率の関係性は頭に入れておくとして、健康に長生きを目指すには、BMIの数値にとらわれるより、他に改善できることがあります。
それが、生活習慣!!
BMIは身長と体重で算出されるため、単純に体重を増減させれば数値を改善することができますが、それだけではあまり意味がありません。
それよりも、日常生活の“喫煙の有無”や“運動不足”、“食事のバランス”などの生活習慣そのものを見直してみることの方が、健康長寿を目指すのには有効です。


いかがでしょうか。
私は、もっぱら痩せる心配より太る心配をしてるので、BMIも低い方がいい!と考えてしまいますが、大切なのは中身。
適度な運動やバランスの取れた食生活など、普段の生活を見直すことから初めて見るといいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク