大切な画像データ(写真)の管理をすっきり解決!簡単な共有と保存の方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

増え続ける画像データどうしよう…

旅行の写真、家族の記念写真、子供の行事写真、などなど、日常も含めると、画像データ(写真)は増えていく一方。
私はカメラが好きなので、「ここぞ!」という時は一眼レフを持ち出して、バシャバシャととっていますが、普段も子供の可愛い瞬間などをスマホでぱちぱち。
他にも、友達が子供の可愛い瞬間をスマホで撮ってくれてLINEで流してくれたり、子供の習い事の写真をチーム内でシェアしたり…と、色んなルートから日々素敵な画像データが集まってくる…。
家族や子供との思いでの写真はかけがえがなく、インスタグラムにあげたり、フェイスブックにあげるのとはまた別で、しっかり保存しておきたいもの。
しかしながら、、、画像データと、プラスしてたまに動画なんかもとっていると、容量がばかにならない…。
スマホも、カメラのSDカードも、いつの間にかパンパンになってしまっていませんか?
今回は、そんな大切な画像データやムービーの簡単な管理方法をまとめます。
データの管理に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ保存にはどんな方法がある?

データの保存方法はいくつかありますが、方法別にメリットデメリットを確認しておきましょう。

USBメモリ(フラッシュメモリ)

img_20161119_140658

  • メリット

持ち運びやすくて手軽。
データの読み書き速度が速く、ちょっとしたデータの出し入れや移動に向く。
衝撃にも比較的強い。

  • デメリット

データの書き込みや削除を繰り返すことで構造的に劣化し、データを長期保存できなくなる可能性がある。
一般的には、CDやDVDのほうがデータの保持期間が長いと言われていますが、個人的には5年ほど前にCD-Rに記録していた画像データがすっかり消えてしまった経験があるため、何とも言えません。。。

  • コスト

32GBで980円とか、1000円前後なので比較的リーズナブル。

SDカード

img_20161119_140629

  • メリット

小型化が年々進み、マイクロSDでは非常にコンパクトで場所をとらない。

  • デメリット

小さすぎて、頻繁に抜き差しする使い方では、紛失のリスクが高いかも。
スマホで主流のmicroSDだけでなく、(あんまり見ないけど)miniSDや、普通のSDと、サイズが複数あるので注意が必要。(専用アダプターがあれば、SDカードが小さい分には問題なし、ただ、microSDサイズのスマホにSDカードやminiSDカードは大きさ的に入れようがないので無理です。)
転送速度はものによって(クラス表示されてる)まちまち。
スマホアプリをmicroSDに落とすとか、画像や動画データをSDカードに保存しながら撮影するといった場合、転送速度が遅いものだとパフォーマンスに影響する場合があるので、不安な方は転送速度の大きいもの(クラス表示の数字の大きいもの)を選ぶといいですね。

  • コスト

32GBで1400円とかもあるけど、転送速度の最も大きいもの(クラス10)とかだと3000円以上するものも…。価格の幅は広いです。

PC

  • メリット

とりあえず置いておくのに、手軽。

  • デメリット

HDD空き容量を圧迫する。
PCのパフォーマンスに響いてくるので、無駄にイライラさせられてしまう。

  • コスト

今使ってるPCに置いとくだけなら、追加のコストゼロ!

オンラインクラウド・ストレージ

  • メリット

必要なだけ、追加で購入できる。
PCやスマホの空き容量を気にせず保存できるのでストレスレス!

  • デメリット

毎月(あるいは毎年)の出費になるので、出費が痛い。
万が一サービスを運営している企業がつぶれたりしたら、データはどうなるんだろう…という一抹の不安がある。

  • コスト

コストはそれなりにかかる。(かかり続ける)
■Dropbox 1TB 1200円/月
■Googleドライブ 15GBまで無料 1TB 1207円/月
■AmazonDrive 容量無制限 13800円/年
■OneDrive 5GBまで無料 50GB 170円/月
※OneDriveは以前15GBまで無料でしたが無料の容量が縮小されました。

CD、DVD

img_20161119_140840

  • メリット

データ記録面を汚したりしなければ長期保管に向いている

  • デメリット

(個人的には)経年劣化なのか、3~5年でデータが読み取れなくなることがしばしば…。
データの書き込みに時間がかかる。

  • コスト

非常に安い。
コンビニや100均にも置いてあります。

外付けハードディスク

img_20161119_140942

  • メリット

かなり大容量のものがあるので、これ1つで片付けられる。

  • デメリット

(ものにもよるが)もの自体結構大きいので、持ち運びたい人にはあまり向かない。
スペースをとる。

  • コスト

クラウド・ストレージサービスと違い購入代金を払えばそれっきりなので、高いと感じにくいけど、まとまった金額はかかる。
12TB 73400円、3TB 9800円くらい。
ちなみに画像にある赤い外付けHDは2T、購入当時は30000円くらいだったような気がします。

一昔前には、フロッピーディスクやMOディスクなんかもありましたが、今はもう、ほぼ見かけなくなってしまいましたね。

データはバックアップを取っておく!

色んな保存方法があるので、どれが一番とは言えませんが、一つ言えることとしては、
「バックアップは必ずとっておくべし!」
ということ。
そして、一度バックアップを取ったからもういいや~ではなく、5年ごととか、3年ごととか、データの無事を確認して、できればバックアップを取り直すと安心です。
過去の写真を見てみようとデータを開こうとしたら、データが開けない、ディスクを読み込んでくれない…というショッキングな出来事が、唐突にやってくるかもしれません。
バックアップを取って、バックアップのバックアップを取って…とやっているときりがないですが、ひとまず2か所で保存しておくと安心かと思います。
私の場合は、「外付けハードディスクに全ての画像と動画を保存」し、「1GBとかの半端な容量のUSBメモリやmicroSDいくつかに、年ごとにわけて保存」で、2か所で保存、バックアップが取れている状態を維持しています。
以前はPCにぽいぽい放り込んでいましたが、どんどん増えるデータが邪魔臭いので、今はPCには一切保存していません。

データは定期的に吸いだして2段階整理!

まず、スマホで撮影した写真は、「カメラ」アプリの「設定」で、本体ではなく「SDカードに保存」にしておきます。
他は、LINEで友達から送られてきた画像で残しておきたいものに関しては、とりあえずgoogleフォトにアップロードしておき、下記の月に1度のタイミングに外付けHDに移動しています。
仕事と同じで、データの管理もため込むと嫌になってしまうので、下記のような、2段階での整理がおすすめです♪

step1:月に1度、データの吸い出し

月に1度くらい、スマホやカメラのSDカードから外付けHDにデータを吸いだし、スマホやカメラ用のSDカードの中身を空っぽにします。
同時に、その年のデータを保存しているUSBメモリかSDカードにも、1か月分のデータを加えておきます。
年の初めなど、新しいSDカードにバックアップを取る場合、必ず、

・「バックアップ作成年月」
・「データの撮影期間(2014年1月~    年 月」

の2つを記載しておき、いつの写真が入っているのかと、数年後(私は5年ごとにしてます)の新しくバックアップを取り直すタイミングが自分で分かるようにしておきます。

step2:年に1度、データのバックアップ更新

年末に、「年賀状の写真どれにしよう~?」というついでに、バックアップデータが壊れていないか、ざっくり確認します。
読み込めなかったり、破損の警告がでるようなら、新しいSDカードにバックアップを取り直します。(作成年月と撮影期間の記載を忘れずに!)
すでにとっているバックアップデータの内、5年前に作成したバックアップに関しては、新しいSDカードにバックアップを取り直しておきます。
ほんとはこれも月1くらいでやったほうがいいのかもしれませんが、めんどくさいので年1回くらいですね。。。
※※データが失われてからでは遅いです、データが無事で壊れていなくても、自分で決めたバックアップ更新のタイミングが来ているものについては、必ずバックアップ更新を実行しましょう♪

データの共有はクラウドストレージが便利!

自分だけ保管するのでなく、ほかの人と共有したいデータもありますよね。
グループで撮ったイベントの写真なんかは、それぞれが撮りためたデータを後で共有したかったりします。
そんな時に便利なのが、クラウドストレージ!
私はgoogle フォトでアルバムを作成して、共有する方法でやっています。
googleDriveとGmailと合わせて15GBまで無料なので、山ほど写真をUPしても今のところ余裕です♪
※ちなみに、、、古いアルバムから順に、半年~1年経過したころに削除していくので、共有しているメンバーにはその旨を伝えて、それまでに各自、ほしい画像はダウンロードするなり印刷するなり、してもらうようにしています。

ちなみに写真の印刷は…

ちなみにですが、我が家では、子供が生まれ、写真をたくさん撮るだろう、そして、印刷したいだろうと考え、プリンターを購入しました。(もう10年近く前のこと)
しかしながら、「自宅で写真の印刷」は、やってみるとあまりおいしくない!
何たって、インク代が高い!!かといって安い純正じゃないインクを使うと、印刷にムラがでたり、最悪の場合プリンターがインクを認識してくれず、使えないことも…。
結局、写真を印刷する機会というと、年賀状を刷る時くらいなもので、両親に最近の子供の写真をプレゼントしたり、これは飾りたい!って写真を印刷したい時は、オンラインでの写真プリントサービスが、簡単で、安くて、きれいで、素晴らしいなぁと思っています。

オススメの写真印刷サイト

◆楽天写真館
http://shashinkan.rakuten.co.jp/
Lサイズ 1枚12円。楽天ポイントも貯まるし使えるし、クーポンもあったりするので、何度か利用しています♪

◆プリントラッコ
https://www.printrakko.com/
Lサイズ 1枚5円という激安!!使ったことないですが、これはすごいですね。11月30日まで新規の方は1枚3円というキャンペーンを実施しています。

◆フジカラープリントサービス
https://www.fdp-net.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

フジカラー純正印画紙でLサイズ 1枚9円。純正印画紙以外でのプリントも、別単価でやっています。


いかがでしょうか。
個人的には、CDやDVDはデータが失われた経験が何度もあるため、選択していません。
どの記憶媒体が長期的に安全なのかは、正直よくわかりません。。。
この記事が、写真の整理整頓に悩んでいる方の参考にしてもらえると幸いです。
大切な思い出が、突然消えてなくなってしまわないように、1つ、自分なりの管理法が確立するといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク